Koatsuガス系消火設備が担う、ひとと社会の安心、安全。

株式会社コーアツ
サービス&サポート

二酸化炭素消火設備の安全対策 人の安全のために。安全対策のおすすめ。

概要

二酸化炭素消火設備は、絶縁性が高く、わずかな隙間にも浸透し、消火後の汚損が少ない等の優れた特性を認められ、1961年に消防法に定められました。
以来、電気室、通信機械室、ボイラー室、危険物施設等の防火対象物に多数設置され、数多くの消火実績を持っています。
しかし、二酸化炭素が放出された区画に人がいた場合には、消火剤が持つ毒性により、生命に危険を及ぼすことがあります。
人の安全とシステムの信頼性向上のために「安全対策3点セット」の設置をおすすめします。

安全対策3点セット

当社は誤放出を防止するために、

  1. 点検時に消火剤の放出を遮断する閉止弁
  2. 閉止弁の開・閉表示機能付きの操作箱
  3. 電路の短路による誤放出防止機能付き制御盤

を1セットとしておすすめしています。
各機器は(一財)日本消防設備安全センターから認定・評定を受けています。

製品やサービスに関することなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ