Koatsuガス系消火設備が担う、ひとと社会の安心、安全。

株式会社コーアツ
ガス消火とは

ガス消火の概要と特長 クリーンですばやく消火できるガス消火の概要と特長について

そもそも、なぜ水で消さないのか

水による消火が一般的ですが、中には水をかけると困る場所があります。
例えば、コンピュータ室や美術館、博物館の収蔵庫などは、水をかけると大切なデータや高価な機械、貴重な歴史遺産に大きなダメージを与えるおそれがあります。
また電気室・ボイラー室などは水をかけると感電、爆発などのおそれがあります。
この様な場所にはクリーンで素早く消火できるガス系消火設備が適しています。

ガス消火の種類

ガス消火剤は酸素濃度を下げて消火するものと、化学的に燃焼反応を中断させて消火するものがあります。 前者を不活性ガス消火剤、後者をハロゲン化物消火剤と呼びます。

ガス消火のメリット

一般的に次のようなメリットがあります。

  • 化学的に安定した消火剤なので、長期にわたって貯蔵しても変質しにくい
  • 消火剤による汚損がなく、火災のおよばなかった機器は直ちに稼動できる
  • 電気絶縁性にすぐれているので、電気機器に安心して使用できる
  • 気体で放出するため、複雑な形状の機器でも消火できる
  • ガス自体の圧力で放出するため、ポンプその他の動力源に頼らずに放出できる

消火設備とは

「消火設備」というと人が持ち運んで火を消す消火器をイメージする方が多いですが、コーアツが作っているのは「固定式の消火設備」。
これは、消火ガスをつめたボンベユニットや配管、制御盤、火災感知器、警報装置などで構成される「設備(システム)」で、ビルや工場の設備の一部として据え付けられています。消火器に比べるとずっと大がかりなものなのです。

システム構成例

消火ガスボンベ(容器ユニット)

ガスで火を消す仕組み

火災が起きたときに消火する場所(防護区画といいます)を密閉しておき、防護区画の外に設置した消火ガスボンベから配管を通してガスを送り込み、防護区画の中にガスを充満させて消火します。
また、工場内の圧延機など出火場所を特定できる場合は、消火する部分にガスを直接放射して消火する方法もあります。

ガス消火実験を動画でご覧ください。

動画を見る

製品やサービスに関することなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ